違法パチスロ店摘発で従業員3人現行犯逮捕 横浜市(2021年6月9日)

 横浜市の違法パチスロが摘発され、従業員の男3人が現行犯逮捕されました。

 パチスロ賭博店「ラッキー」の従業員・堀部久志容疑者(50)ら3人は9日朝、横浜市中区の雑居ビルの一室で客9人を相手にパチスロ機を使って常習的に賭博をした疑いで現行犯逮捕されました。

 警察によりますと、この店は4月上旬から営業を始めたとみられ、店内にはパチスロ機56台が設置されていました。

 取り調べに対して3人はいずれも容疑を認めているということです。

 警察は、他にも経営者や従業員がいるとみて調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp